浦和,南浦和,川口の賃貸物件情報ならケン・ハウジングへ

浦和,南浦和,川口の賃貸マンション,アパートを中心に扱っております。

浦和,南浦和,川口の賃貸物件情報ならお任せください

浦和,南浦和,川口の賃貸物件検索サイト

南浦和駅周辺の地域情報

南北方向に伸びる京浜東北線を含む東北本線の各線路の上を、東西方向に伸びる武蔵野線が乗り越す構造となっており、地上にある京浜東北線ホーム蕨方の高架上に武蔵野線のホームがある。

京浜東北線は、島式ホーム2面4線の地上駅であり、2・3番線は浦和電車区へ通じる折り返し線となっている。

当駅で入庫する回送列車は日中を除いて基本的に3番線に入線し、大宮方面の利用者に同じホームで4番線へ乗り換えられるようになっている。朝と夜のラッシュ時は3番線に入線し、乗客を降ろしてから一旦浦和方にある引き上げ線で折り返し、始発として2番線へ入線する列車もある。

日中の折り返し列車は2番線に入線することが多い。当駅2番線に到着する終着列車の場合、大宮行列車が発着する4番線ホームに乗り換えるには跨線橋を経由する必要があり、乗り換えに不便なため、一つ手前の蕨駅で「大宮方面ご利用のお客様は、当駅(蕨駅)で降り、後続の大宮行をご利用ください」とアナウンスされることが多い。

3番線から発車する大宮方面列車は早朝の始発電車のみで、その他の時間帯は基本的に降車専用ホームとなる。

京浜東北線のうち、東京方面からの列車の約半数は当駅で折り返す。そのため、当駅から東京方面は平日ダイヤの日中時間帯は5分 - 6分間隔であるが、浦和・大宮方面は約10分間隔となる。ただし、朝夕通勤時間帯は終点の大宮まで直通する列車が多く設定されている。

武蔵野線ホームは相対式ホーム2面2線の高架駅である。当駅での折り返しの設定がないため、単純な構造である。

テキストを入力して下さい

テキストを入力して下さい

南浦和駅西口徒歩1分に立地するシンボル的存在です。1階にスーパーが入っていますからお仕事帰りの買い物なども便利です

さいたま市文化センターではさまざまなイベントが行われています。南浦和に住んでいる方で知らない方はいないと思います。

Copyright (C) ken-housing All rights reserved.